高校卒業資格・不登校を諦めない[兵庫,神戸,大阪]福智学園福智高等学校神戸校・東亜学園商業実務専門学校

トップページ 卒業生の声

心からありがとう

私は、中学生の時“不登校”でした。学校に行って一度に何人もの人と接するのが嫌になって、勉強をするのも面倒になり、中学2年で学校に行かなくなりました。そんな中、高校受験が始まりどこか高校に入った方がいいかなと思い、この“東亜学園商業実務専門学校”を選んで入ろうと思いました。

最初は、正直言って高校卒業の資格がもらえればいいと思っていました。しかし、この学校で簿記や電卓、パソコンのWordやExcelの授業を受けて、今までの授業とは少し違った印象を受けました。

そして学期の終わりごろに検定試験を受けて初めて検定に合格した時、自分の力が「認められた!」という感情が湧いて来て、もっと色々な検定に挑戦して自分の力を試したいという目標ができました。

検定にどんどん挑戦していきその結果、全経簿記1級や日商簿記2級などの検定に合格し経理実務士という資格も取れました。そして、先生からこれからの進路はどうするのかと聞かれ、私は検定以外の勉強などはあまりしていなかったので進学は難しいかなと聞きました。しかし、先生から日商簿記2級を持っているなら自己推薦で入れるんじゃないかと言われ“流通科学大学”にAO入試で受験し、結果は…合格。

普通の高校では勉強しないことをしていたからこそ進学という道が開けました。高校に入学したときには思いもしなかった進学という道、そして新たに“税理士”になるという目標ができました。この目標を持てたのもこの学校に入学したからです。本当に色々と教えてもらい、相談に乗ってもらった先生方に「ありがとうございました」と心から言いたいです。

nishimura.jpg 西村 祐介 〔 神戸市立 魚崎中学校出身 〕


勉強に夢中になれる学校でした!

この学校では初めて習う科目がたくさんあります。例えば簿記・電卓・情報処理や税法等、今まで聞いたこともない分野の科目でした。

最初は、全く右も左も分からず、授業についていけるのか不安でしたが、でも、初めての科目だからこそ、同級生全員が同じスタートラインに立って一緒に考えたり、教えあったりと、周りとの差を気にせず授業ができたのだと思います。

また、この学校にきて様々な資格を取得しました。簿記・電卓・エクセルやワード、他にも税や情報処理等、数え切れない位あります。授業で学んできた事が資格という結果として見えるので、合格するとまたその上を目指したくなって夢中で授業をうけました。電卓では、全国大会にも出場して東京に行き、全国から集まった強豪達と肩を並べ競い合いました。

間もなく卒業ですが、私は資格を活かして大学の商学部に進学します。進学後も、此処で学んだ知識を活かし、将来は会計士を目標にしています。不安はあると思いますが、「初めて」を怖がらずに「チャンス」と思えば、自分が努力した分だけ必ず結果が返ってきます。

この学校のいい所は、先生との距離が近いこと!!こんなに先生と話す学校は他にはないんじゃないかというほど先生全員がお喋り好きで、時には授業中でも脱線する位会話が盛り上がることも…。

sumimoto.jpg 住元 大 〔 明石市立 江井島中学校出身 〕